自動車保険の中には、長期タイプがあります。

最近では1日単位でも加入できる保険もありますが、長期的に車を運転し続けるなら、長期の方が良いという考え方もあるのです。

実際、長期保険には複数のメリットがあります。

例えば、手間に関わるメリットです。

自動車保険は、1年契約になっている事もよくあります。

それは良いですが、加入期間があまり短いタイプですと、手間が大きくなってしまう事も多いのです。

なぜなら、更新手続きが必要だからです。

自動車保険は、自動的に更新が行われる訳でもありません。

保険商品によって異なりますが、基本的には自分から更新手続きを行う事にはなります。

それで契約期間が1年の保険商品ですと、毎年更新を行う必要があるのです。

それが面倒だと感じられる事もあるでしょう。

それに対して長期保険でしたら、3年などの長いスパンで加入し続ける事ができます。

それだけ更新の手間を省けるメリットがあるのです。

それと長期保険には、料金に関わるメリットがあります。

料金に関しては、主に2つのメリットがあるのです。

まず1点目ですが、短期保険よりは安くなる事です。

いわゆる1日単位で加入する保険の場合は、日額500円前後になっている事もあります。

それに対して長期保険でしたら、1ヶ月で2,000円台や3,000円台になっている事も多いです。

実に4日分や6日分に相当する訳ですが、車を長期的に使い続けるなら、使用日数は多くなるでしょう。

人によっては、車を1ヶ月に20回ほど使っている事もあります。

使用頻度が多ければ、料金面では長期保険の方がお得になる訳です。

それと長期保険には、割引に関するメリットがあります。

通常の短期的の保険と比べると、独自の割引が採用されている自動車保険も数多いのです。

ですから保険料金の出費を抑えたいなら、長期保険の方が望ましい事もあります。

このように長期の自動車保険には、様々なメリットはあるのです。

ただしデメリットがある事も、注意が必要です。

例えば免許の変化です。

自動車免許には、様々な種類があります。

ブルーやゴールドなど色々な免許が存在するのですが、事故の期間が長くなれば、免許がゴールドなどに格上げされる事もあります。

本来は自動車保険では、ゴールドになった時には、割引料金が適用されるのです。

しかし長期保険に加入している間に、ゴールドになったところで、割引が発生する訳ではありません。

ですから長期保険は、加入タイミングなども1つのポイントになります。

>>どの保険会社がおすすめ?任意保険は口コミや評判で選ぼう!クチコミでわかる事故対応ランキング